ホームページ集客で効果を出す見出しの効果的な使い方

ホームページ集客で効果を出す見出しの効果的な使い方

ホームページで集客するために試行錯誤してみるものの、売り上げどころか、そもそもアクセス数がほとんど伸びない!といったことはありませんか?

ホームページ集客では、ホームページのヘッダー画像やサイズ、きれいな文章作成なども重要ですが、見出しの使い方がより重要です。

ホームページにおける効果的な見出しの作成方法を知ることがホームページ集客の近道になることでしょう。

本記事では、ホームページの見出しの重要性や理由、作成方法の注意点などを解説していきます。

1 ホームページ集客における見出しとは

ホームページ集客における見出しとは

見出しとは、記事内容の要点を短い言葉で言い表したものです。

タイトルは記事全体をまとめたものに対し、見出しは記事を文章のまとまりごとに分け、そのまとまりを要約したものになります。

本記事の一部を例として挙げましょう。

タイトル:ホームページ集客で効果を出す見出しの効果的な使い方

大見出し:ホームページ集客における見出しとは
ホームページ集客で見出し作成が重要な理由

中見出し:Googleが記事内容を正確に理解できる
読者に記事を最後まで読んでもらえる

中見出し「Googleが記事内容を正確に理解できる」や「読者に記事を最後まで読んでもらえる」の下に小見出しをつけ、文章をさらに細かくまとめていくことも可能です。

ホームページ集客における見出しは、各段落の要約という単純な役割だけではなく、アクセス数を伸ばして売り上げをアップさせる役割も担っています。

そのため、ホームページ作成においては原稿の書き方もさることながら、見出しの書き方がとても重要となります。

2 ホームページ集客で見出し作成が重要な理由

ホームページ集客で見出し作成が重要な理由

なぜホームページ集客において、見出しは重要なのでしょうか?

大きく分けて2つの理由があります。

Googleが記事内容を正確に理解できる

Googleなどの検索エンジンは、ロボットを使ってキーワードを抽出することにより、サイト内を把握し評価していきます。

その際に、チェックするポイントの一つが「見出し」です。

Googleが無料で提供する『検索エンジン最適化スターターガイド』にも「見出しを適切にすること」と書かれています。

参考記事:検索エンジン最適化スターターガイド

また、GoogleのWebマスタートレンドアナリストであるジョン・ミューラー氏も、「見出しがサイトのランク付けに役立ち、ランキング要素である」と話しています。

検索結果で上位表示されるにはホームページの見出しの書き方が鍵となるのです。

記事を読者に最後まで読んでもらえる

2つ目は、記事を読者に最後まで読んでもらえるようになります。

読者は見出しから記事内容を想像し、実際に文章を読むかどうかを決めます。自分が期待する記事内容ではないと思ったら、どれだけ素晴らしい内容でも読まれることはありません。

多くの人はサイトを見るとき、見出しや画像などをさっと流し読みし、大まかな記事内容を把握すると、興味のある見出しのところに戻り記事を読みます。

見出しは記事全体に流れを作り、内容を理解しやすくさせるため、読者の読みやすい記事にさせるのです。

読者の興味を引かなければ、ホームページ に載せる文章がどれだけいいものでも、人の目には触れないのです。

上記のように、ホームページの文章作成で最も重要なことは、見出しの言葉選びとなります。

SEO対策のプロであれば、簡潔かつ読者の興味を引く言葉の選定も可能です。

無料でSEO対策のプロに相談をしてみましょう。

CONTACT US
無料相談をする

ホームページ集客において効果的な見出しの作成方法

ホームページ集客において効果的な見出しの作成方法

ホームページ集客において、どのような見出しが読者の目に留まり、文章を読んでみようと思わせるのでしょうか。

見出しは読むだけで、何を伝えたいかが大まかにわかるものです。以下にそのポイントを記述しました。

タグの順番を守る

ホームページ作成での見出しは、見出しタグと呼ばれています。

H1タグやH2タグというように種類が分けられH6まであります。

数字が増えていくことで見出しの重要度が下がり、文字サイズも小さくなっていきます。

ホームページの文章構成では、読者が読みやすいように大きく分けた内容をさらに小さく分けていき、そのたびに重要度の低い見出しを使います。

ちなみに、本記事での見出しタグは

H1→ホームページ集客で効果を出す見出しの効果的な使い方

H2→ホームページ集客における見出しとは

H2→ホームページ集客で見出し作成が重要な理由

H3→Googleが記事内容を正確に理解できる

H3→読者に記事を最後まで読んでもらえる

となります。

見出しを正しい順序で使うことで、読者に記事内容を段階的に理解させやすくなり、読者の記事内移動を容易にします。

簡潔に書く

多くの人が、最初は記事を流し読みすると書きましたが、流し読みのときに目に留まったり、気にかかったりする見出しがベストです。

そのため、簡潔に記事内容を言い表すといいでしょう。目安として30文字くらい。長すぎずに有益な情報を言い表せるでしょう。

さらに、読者の共感を呼ぶものであったり、感情を揺さぶるものであったりするような言葉の選定も大切となってきます。

キーワードを含める

キーワードを含める

Googleなどのような検索エンジンはH2見出しを参考にしてサイト情報を確認しています。

H2見出しにキーワードが入っていることで、このサイトはこのキーワードに関する有益な情報を掲載していると評価してくれるのです。

そのため、H2見出しにはキーワードをちりばめましょう。

また、タイトルにキーワードを入れる場合は見出し文の前方に入れるよう心掛けましょう。

検索エンジンでは、前方に出てくるキーワードの方が後方に書かれているキーワードより重要な単語と判断するため、検索上位を狙うならキーワードの前方配置は必須です。

上記が検索結果で自社サイトを上位に表示させるコツですが、キーワードが多すぎると個々の重要度が薄れてしまうため、キーワードを入れ込みすぎないことも大切です。

ホームページ集客における見出しのキーワード選定や配置はコツがありハードルが高いため、SEO対策のプロに任せると安心です。

無料でSEO対策のプロに相談をしてみましょう。

CONTACT US
無料相談をする

1ページにH1タグは1つだけ

記事のタイトルにあたるH1タグは、ホームページ に載せる文章の中で最も重要です。

しかし、1つの記事にいくつも設定すると、読者が混乱しやすく重要性も薄れてしまうので1ページに1つが基本です。

見出しと併せて行うホームページ集客のリライト

見出しと併せて行うホームページ集客のリライト

ホームページで集客する際には、見出しだけでなく既存の内容に加筆や修正を施し、記事を書き直す(リライト)ことで効果を高めることができます。

サイトは完成したら終了ではなく、いかに最適化していくかが大きな課題です。コンテンツを新しくしたり、見出しを改修したりなど情報の更新がなされていることはSEO対策にもつながります。

しかし、ホームページの記事をすべてリライトするのは時間と労力がかかるので、まずは記事タイトルと冒頭文のリライトから取り掛かってみてはいかがでしょうか。

記事タイトル

タイトルは記事の全容を表しつつも、読者に響くキーワードが入っていることが重要です。

例えばSEO解説のサイトならタイトルに「SEO」という言葉が入っています。

タイトルにキーワードを入れることで、瞬時に読者へ記事の趣旨を伝えることができます。

しかし、読者が検索するときによく使っている言葉(キーワード)が「SEO」ではない場合は、検索に漏れてしまうため別の言葉に変える必要があるでしょう。

Google無料サービスのサーチコンソールは、どの検索ワードでサイトに入ってきたかを調べることができるので活用しつつ、その他さまざまな角度からキーワードを調べることで、タイトル改修の精度がアップします。

キーワードのリサーチを重点的に行い、かつ、内容にあった言葉でタイトルを構成しましょう。

またタイトルは、28文字以内でまとめることが理想です。28文字以内であれば、パソコンとスマホ両方ともGoogle検索結果でタイトルがされます。

ホームページのタイトルや見出しはデザインも重要な点ですが、まずは内容を明確に伝えることが必須となります。

冒頭文

冒頭文の役目は、読者に記事内に自分の知りたいことが書かれていると感じてもらうことです。

リライト時の注意事項としては、タイトルに含めたキーワードを必ず入れます。

2回入れると検索エンジンの評価が上がります。そして、記事に書かれている内容と結論を簡潔に述べた文章にしましょう。

本文につなげる重要な文章なため、ホームページの文章のテンプレートなどもよくあります。

テンプレート等を用いて、ポイントを簡潔にまとめることが重要です。

まとめ:見出しの使い方を理解してホームページ集客で効果を出そう

ホームページ集客で効果を出すためには、まず見出しに注目しましょう。

見出しの良し悪しで、記事が読まれるか決まるほど重要なものとなります。

結論、見出しはホームページの文章作成で最も大切な要素であり、SEO対策の要となる箇所なのです。

そのために、キーワードの選定をしっかり行い、見出しを考え、見出しができたら本文にもキーワードを散りばめて調整するなど、見出し以外のことも取り組んでいかないといけません。

ホームページによる集客を効果的に行うには、さまざまな点を意識し改善していくことが求められます。

ホームページの集客効果向上を狙うならSEOコンサルタントに相談することがおすすめです。

まずは、現状の状況を無料で相談してみましょう。

CONTACT US
無料相談をする